ムダ毛処理法

ストップセルフ処理!美しいうなじを手に入れる方法!

日増しに暖かくなり、過ごしやすくなってきました。
暖かくなるにつれて肌の露出も多くなってきます。夏ほど肌を見せることはないですが、春は腕や首まわりの露出が増えます。そんなとき気になるのがムダ毛。

腕のムダ毛処理は済んでいても、首まわりの処理はしていないという方は意外と多いのではないでしょうか。特に“うなじ”。

うなじをセルフで処理するには難易度が高い。うなじには理想の形があり、脱毛サロンでプロに整えてもらうと自然で美しい形にしてもらうことができます。

そこで今回は、うなじの脱毛についてご紹介します!

うなじを綺麗に整える重要さ

髪型をアップスタイルやサイド寄せのヘアアレンジにしたとき、気になるのがうなじ。

自分では直接確認できないので見落としがち。しかしうなじは、女性の魅力を感じさせるひとつのパーツであり、目線がうなじにいくという方も多いのだそうです。つまり自分では直接見ることができないうなじは他の人にはよく見られているということ。

「ふと髪を横に流したときに少しだけ見えるうなじが良い」「たまにアップにしているとついうなじに目線がいく」など聞いたことがあります。「顔は隠すことができないからスキンケアもメイクも手は抜かない!でも見えないパーツは手抜き…。」ということは意外とよくあります。

特に冬は、腕や脚などの露出が少なくなるため衣服で隠れて見えないパーツの処理は手抜きという方もいるかと思います。

しかし、処理をしていない部分を見られて「処理しておけばよかった…」と後悔しないよう、見えないパーツだからこそ綺麗に整えておきましょう!

常に見えるわけではいけれど髪型によっては見える部分でもある“うなじ”を綺麗に整えることは、女性としての魅力をさらにアップさせてくれます。

うなじを整える方法

方法はいくつかあります。では順にご紹介していきましょう!

◎セルフ

自分で行うムダ毛処理の方法と言えば、カミソリや電気シェーバー、脱毛ワックスや粘着テープ、除毛クリームなどのアイテムを使用。
カミソリを使う場合、剃り残しや剃り過ぎが原因で綺麗な形にできなかったり、つい力が入って肌を傷つけてしまうこともあります。腕や脚とは違って直接見ることができないうなじを自分で整えるとなると、失敗する可能性がとても高いのでおすすめできません。

セルフでのムダ毛処理に関しては下記の記事を参考にしてみてください!

◎理容室

理容師はシェービングのプロ。うなじを綺麗な形に整えてもらうことができます。
「夏祭りや海・川に行く予定があるのにうなじが気になる…」なんてことがあっても大丈夫!理容室では短時間で綺麗にしてもらえます。
脱毛ではないのですぐに生えてしまいますが、すぐに綺麗にしたいときは理容室がおすすめです。

◎脱毛サロン(光脱毛)

理容室と比べると、時間もお金も圧倒的にかかりますが、脱毛が完了すると自分で処理する手間もなくなり、何より綺麗に仕上がるという事が脱毛の嬉しいところ。
必要なところは残してムダなところを処理してくれるので、美しい形のうなじにすることができます。

◎クリニック(医療レーザー脱毛)

光脱毛との大きな違いは、痛みと料金。サロンでの光脱毛は痛みを感じることは少ないですが、クリニックでの医療レーザー脱毛は光脱毛より痛みが強く、熱を感じたりすることもあるとのこと。レーザーを当てた部分が赤くなることも。
※痛みは個人差があります
料金もサロンと比べて高くなります。しかし脱毛の効果が高いので、施術を受ける回数が少数で済みます。

うなじを綺麗に整えるには、ただ剃ればいいというわけではありません。セルフだと不自然になってしまい、失敗と肌を傷つけるリスクが高くなります。そのため理容室やサロン・クリニックで、理想の形をスタッフさんに相談して施術してもらうことをおすすめします。
急遽予定が入りなんとか短時間でうなじを綺麗にしたいという時は理容室を。脱毛したい場合は脱毛サロンかクリニックを。痛みや料金が気になる場合は脱毛サロンをおすすめします。少しでも早く脱毛を完了させたい場合はクリニックがおすすめ。

うなじの形選び

うなじの形はひとつではありません。形によって印象も異なります。
大人っぽく女性らしい形はMW型。この形が一番綺麗で理想と言われています。
他に、W型・アーチ形・ぱっつん型があります。MW型の方が大人っぽい印象ですが、W型もMW型と同様、左右の生え際が下にのびているので女性らしく綺麗な形です。
理容室で施術を受ける場合、もし形に満足いかなくても数日経てば生えてくるので心配はありませんが、脱毛の場合完了すると生えてこなくなることもあるので、カウンセリング時はよく相談して形を決めましょう。

うなじ脱毛に関して知っておきたいこと

うなじを脱毛する前に知っておきたいことがあります。それは、うなじには“髪の毛”が生えていることがあるということ。
脱毛できる毛は、腕・脚などのムダ毛や産毛。髪の毛を施術できるのは美容室と理容室のみ。

うなじの脱毛時に、生えている毛が髪の毛だと判断されるとその毛は脱毛できません。そうなると髪の毛と判断された毛が残り、理想通りの形にならず「思っていたのと違った…」なんてこともあり得ます。

そんな失敗を避けるためにうなじの形を決めるときは、髪の毛が生えているかどうかスタッフさんに確認してもらいましょう。脱毛できない髪の毛が生えている場合はそれを踏まえて形を決めましょう。
脱毛できない髪の毛によって形に満足できなかったときは、理容院にて形を整えてもらうのもひとつの方法です。

おわりに

うなじは自分では直接見えないのでムダ毛に気づかないことはよくあります。

彼氏や友達に指摘されて初めて気づくことも。自分では見えない部分って意外と他人はよく見ています。

元々のうなじの形や毛の生え方は人それぞれなので、あまり気にならない方もいれば、産毛が濃く長い方もいます。もしうなじが気になる場合、うなじを整える方法や形など、ぜひ参考にしてみてください!

The following two tabs change content below.

akane

akane 日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュをはじめ、登録販売者・美容薬学検定1級 ・コスメマイスター・スキンケアマイスターを取得。脱毛サーチでは、セルフでのムダ毛 処理やその後の肌ケア、脱毛についてのコラムを発信していきます。